プロセス

成熟したシステムによる品質優先

  • ISOTRADINGは2012年以降、ISO 9001認証を取得しています
  • ISOTRADINGは2014年以降、EN 9120認証を取得しています
  • 弊社パートナーの検査機関は、IDEA-STD、MIL STDおよびJEDEC規格に準拠しています
  • 弊社の物流パートナーは、ESD要件に順守しています
  • すべての品質および物流パートナーがISO 9001:2015認証を取得済みで、ESD要件に準拠しています
  • 弊社の倉庫では、部品受け取り時に70項目以上のチェックポイントを設けています
  • 製造後2年以上経つ全部品の外観検査
  • 弊社の品質チームは、過去10年間の偽造品および製造中止品管理に関する主要な国際会議に出席して、品質に関するトレーニングを受けています。



製造中止品に関する責任と透明性のある管理

製造中止品には3つの大きな難題があります:

  • トレーサビリティの信頼性が低い
  • 品質リスクが高レベル
  • 偽造品の可能性が高い: 偽造品事例の50%が製造中心部品に関連しています。


ISOTRADINGは、このような事例の範囲を認識しており、安全な供給を確保するために独自の4段階のステップを設けています:

  • 製造中止部品を自社在庫している信頼できる供給元とのみ在庫の利用可能性を確認
  • メーカーの部品ラベルや写真およびパートナーのデータベースをシステマチックに検証
  • お客様との全面的な透明性: ISOTRADINGは、実行した初期調査の結果をお客様にお伝えします
  • 初回の目視検査の結果に基づいて、弊社の独立検査機関が具体的な検査を推奨します



手順と追加サービス

  • お客様の要求に応じて追加のテスト (機能性、溶接性、デカプセル化、X線)
  • リール、トレイ
  • 特定のラベルまたはカスタマイズされたラベルの編集
  • ブロードライ、バキューム
  • お客様の推奨に基づく部品のプログラミング